湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
ノウサギが幹を齧った!?


2014-1-21-2-8672.jpg
右上の4本ある齧り痕は一本が約2ミリ。4本と隙間も合わせて約10ミリ。
2014:1:21:8672


天気がいいので3時間ほど林道へ行ってきた。

けど、法面工事のクルマが行き交っているから、林道で動物に出合うことはまずないだろう。なので、久しぶりに森の中へ入ってみることにした。
といってもごく浅くだけど、ネズミやリスの痕跡でもないだろうかと数箇所探してみた。

そんで、色々見ていたら、幹の根元近くが何者かに齧られているのを発見!
あちゃー、ついにシカが入ってきたかと驚いてよく見ると、シカの第一切歯は第二、第三切歯よりずっと広いはずなのに、わりと均等。

4本くっきりある歯形でみると、1本がアバウトに2ミリ。4本合わせてほぼ10ミリの幅。ノウサギの歯は、切歯1本がほぼ2ミリだけど、上下2本ずつしかないから、2本だけ痕が付くはずだが、4本あるのはどういうこと? 連続して齧ったのか?

他の動物も考えてみたけど、イノシシは切歯幅が4ミリだし、まさかテンやタヌキがやるはずもない。
とすればノウサギしか考えられないのだが、林道周辺にはノウサギの食べ物がたくさんあるはず。
なのに、こんな幹まで齧るのか〜? ま、初めての食痕ではある。

シカは、17日に東のサクラ林道のカンズゲを見て歩き、昨年からまったく入ってないのを確認していた。
この食痕を見たとき西から入ってきたのだろうかと驚いたのだ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こういう食痕ははじめて見ました。木の上の方にあったら、タイワンリス~と適当にいうところですが…。
2014/01/21(火) 22:06 | URL | ニシメガネザル #25OPJu36[ 編集]
いまだに確信がもてないのですが、歯の幅が幅2ミリで地面から30センチあたりまで齧るというのはノウサギぐらいしか考えられないですね。

ま、私も初見の食痕です。
2014/01/22(水) 04:30 | URL | take隊員 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/44-582e6acf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック