湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
松ぼっくりの開閉(2)


2014:1:31:8904
下の写真のを拾い、倒木の上に並べた。鱗片の頭が艶のある茶色で昨年11月に青から変色したものが分かる。
2014:1:31:8889


31日、ものすごく暖かいというか暑い中、汗をかきながら松ぼっくりを観察してきた。しつこいね。

前日、雨が降ったから、森の中が濡れているかもと思ったが、案外ドライで膝を突いても大丈夫だった。今回は、昨年リスが久しぶりに戻ってきた松林に入ってみた。

しかし、ここにはエビフライはほとんど無し。確認できたのはたった2個のみ。よく探せばたぶん10数個ぐらいはあるだろうが、これは今年始めの製作で、一匹のリスが一度来ただけだろうと思う。
今年としたのは、鱗片の頭がまだ茶色で艶があることから。エビフライの尾の先も艶のある茶色。

そんなのを探していると、昨年11月に茶色に成熟した、発色のいい閉じた松ぼっくりが落ちているのを発見する。
こいつに実が入っているかと手に取ると、松の葉が2本挟まっていて、邪魔なので一本抜いたが、ン? 何かおかしい!
ええっ! 昨日の雨で鱗片を閉じたときに、松の葉を挟んだのか?


2014:1:31:8914
雨で鱗片を閉じるときに挟んだ松葉と小枝。
2014-1-31-8926.jpg


それを撮影し、移動しようとすると、また茶色の松ぼっくりを発見する。なんと、こいつは鱗片が太い枝をくわえこんでいるではないか。すごい!
やはり、茶色い松ぼっくりは何度も開閉を繰り返していたのである。

それから別の松林2箇所を回りながら、松の枝に付いた松ぼっくりを見て行ったら、グレーがほとんどの松ぼっくりの中に茶色のものがチラホラ見える。
撮影してみると、閉じているもの、少し開いているものとあったが、写真のは昨日の雨で一度閉じ、晴天でまた開こうとしているものだろう。種子の翼も見えている。


2014-1-31-8978.jpg


まだ推測の段階だが、松ぼっくりの種子散布は、この松ぼっくりが茶色の間にほぼ終わってしまうのではないだろうかと思い始めている。

最後の写真は、別の松林のエビフライだが、これも鱗片の頭と尾の先が艶のある茶色で、受精してから2年目に入った松ぼっくりなのが分かる。


2014:1:31:3:8985

2014:1:31:8985


リスは今まだ古い松ぼっくりや貯食したものを食べず、茶色く熟した松ぼっくりを食べているのだろう。
これがいつまで続く?





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/52-340630e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック