湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
獣道はみんなが使っている


2014:2:7:9240

2014:2:7:9236


森へ入れば獣道が縦横無尽に走っているが、この道がどのようにして造られたかは一部を見て想像するしかなかった。

だけど、7日に二本木、三本木で足跡を探索してたら、初めて獣道に多くの足跡を発見し、なるほどな〜と思ったのだ。それまで、獣道は重量のあるイノシシが歩くことによってできるだろう、ウサギやテンぐらいでは獣道造りにそう貢献できないハズ、と考えていた。湯河原の林道にシカはいないし。

しかし、写真の獣道はイノシシも使うだろうが、今回は足跡がなく、テン、イタチ、ノウサギ、タヌキが使っていた。やはりみんなが使っているんだね。キツネも別な場所で見たが、これは単独のもので、獣道では確認できず。ノウサギはテンやイタチのエサだろうが、逃げ足に自信があるから、まるでへっちゃらみたい。

も少ししっかり撮ればよかったが、案外見ることがないから、これもアップしておこう。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/58-061a74a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック