湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
いきなりサクラ満開! 春本番!


2014:4:1:0477
ヤマネコノメソウ

2014:4:1:0438
コスミレ

2014:4:1:0393
ツボスミレ


今日は林道工事が終わったかどうか確認に行ってみた。2、3日前にまだ3分咲きぐらいだった我が家の回りのソメイヨシノがほぼ満開となり、林道でもヤマザクラがだいぶ咲いてきた。林道脇のタチツボスミレがいたるところで花開き、なんとコスミレや、まさかのツボスミレまで咲いていた。ツボスミレは一番最後に咲くスミレでしょうがね。

気になっていた法面工事はもう終わっており、久しぶりに運動がてら歩いてみた。工事をやっている間は行く気にならないからね。
そんで、のんびり歩いていると、キジがいたり、ヤマドリが飛んだり、オスのホロ打ちする「ドッ、ドッ、ドッ」、という音が森に響いたりしていた。今日は他にもノスリが林道へ飛び出てきたが、これは何を狙っていたのだろう?

そんな風に散策してたら、林道脇にネコノメソウの仲間を発見する。写真で見たことがあるが、実物は初めてで、帰って調べたらヤマネコノメソウだった。神奈川県ではごく普通に見られるようだが、植物誌の湯河原に分布が記載されてないもの。湯河原では新産ということになる。しかし、他のネコノメソウのように沢沿いでなく、湿気もそれほどなさそうな場所にある。クルマでタネが運ばれてきたという可能性があるかも。

法面工事跡に今年はどんな新しい植物が生えるだろうか? 昨年の工事跡にはオオフタバムグラやシャクチリソバだっけ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/78-dbbdc740
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック