湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
エビフライもクルミの殻も増えていた


2014:4:14:2:0769
4月14日、二本木の松の下の食痕。
2014:1:21:2:8660
1月21日、二本木の松の下の食痕。


2014:4:14:0766
新しく上手に割ったクルミの食痕。1月21日のはヘタな食痕だったから、別個体か?
2014:4:14:0773
近くに貯食したのを掘り出したばかりの穴が。


2014:4:14:0753
ネズミの食痕のようなクルミの空があったが、よく見ると、殻の中に爪痕が。
2014:4:14:2:0753


14日の続きだが、クルミの木が2本ある、二本木へ行き、万作くんにリスの食痕をみてもらったが、そのとき前回来たときよりエビフライもクルミの殻も増えているのに気づいた。ここだけで数回分あるだろう。その他にもごく最近クルミを食べた新しい殻があったり、2箇所だが掘り起こした新しい穴を見つけたりと、今もリスが来ていることがみえたのだ。

ただ、前回チェックしたのが1月21日なので、それほど頻繁ではなさそうだ。近くの三本木を調べなかったが、たぶんここにも通っているだろう。ここに来るリスの数は多くないし、どこから来るかもよく分かってない。これをこれから調べてみたい。

あと、二本木で不思議なクルミの食痕を見つけた。これは一見ネズミの仕業に見えるし、食べたばかりか周囲に齧り屑が落ちていたが、写真を拡大して見てたら、殻の中に引っかき傷があるのを発見した。縦横に交差してるし、歯形でなくツメの痕なのが分かるが、これがネズミなのかリスなのか。

つらつらとそれを考えたが、中身を取り出すときに付けたツメ傷で、ネズミのツメではたしてこれほどの傷になるだろうかと思った。とするならリスのもの。そして、この食痕はリスのものということになる。中身が上手く取れなかったから、こんな複雑な食痕になったんだろうか?しかし、右下にはネズミ特有の穴が空いている。やっぱりネズミか〜。いやいや、これはネズミとリスの合作と考えた方がいいのかも。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/84-8bad290a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック