湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
残念! ヤマネのお宿は空だった!


2014:6:2:1933

6月2日は野生生物探検隊のメンバーでヤマネのお宿の確認と、フクロウの巣のペリット採集へ行ってきた。

ヤマネのお宿は4月23日に設置しているからすでに40日が経過している。もしヤマネがいて巣箱を発見すれば巣の中にコケなどの痕跡が残っているハズ。
と、期待して一つ一つワクワクしながらのぞいていったのだが、どれもコケどころかな〜〜〜んも入っていなかった。ほとんどに大きなクモが一匹ずついただけ。

ヤマネがいなくてもヒメネズミの痕跡ぐらいあるかと思ったが、それもなかった。とても残念!
ただ、最初に設置した13個(15個としてたが間違いだった)の残り5個を別の場所へ架けているから次はそれに期待しよう。

また、この13個をもう一ヶ月ほど置いて再度確認してみようと思っている。それでもダメならお宿を別のエリアに架けてみよう。
(今回の設置場所の標高はisa隊員の計器によると、最高で640m。低いところは20mほど下がった場所だから620mぐらい)

2014:6:2:1901

2014:6:2:1906

2014:6:2:1913

もう一つの観察、フクロウのペリットは、やはり予想以上の内容物だった。

隊長が両手で慎重に何度もつかみ出したのだが、グレーに見えるのはすべてネズミ類の短毛で、ペリット数十個から100個分ほどあるかも、と思えるほど。

そして、のぞいたときにも表面に小さな白い骨のようなのが見えていたが、ピンセットや箸でくずすと次から次へと小さな骨が出てくる出てくる。

「これはネズミの下顎骨だ! ネズミ亜科ではなくハタネズミ亜科だから、ハタネズミかスミスネズミだ!」。
「この大きなのは鳥のものだね! こっちの小さいのはネズミの橈骨と尺骨だね」

「ここにも、あっ、これなんだろ?」、「たのしいわね〜、一日中でもできそう」なんてみな手が止まらない。
隊長が「きりがないからもう止めて! ネズミの歯なんて0,数ミリなんだから」、「これ全部やるのに数ヶ月かかりそう」なんて途方に暮れている。

ま、私にはネズミの分析ができないから、隊長にお願いしようと考えていたけど、これを見て大正解だと思ったね。隊長ならフクロウが獲ってきたネズミを正確に分析してくださり、結果としてネズミ亜科とハタネズミ亜科の比率や行動なども少しは見えてくるのではないだろうか。

ま、とりあえず今回の観察会の報告まで。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ヤマネは残念でしたね。
フクロウのペリットのことは初めてですので、びっくりです。
皆さん一緒の観察は楽しそうですね~!
2014/06/03(火) 23:27 | URL | かぜくさ #3fIBvpkA[ 編集]
そうなんです、残念でした。

フクロウがペリットをこれほど巣の中に残すのが不思議なのですが、この数からして複数の子供が育ったのは間違いないでしょう。

観察会のあとは恒例の飲み会をやるのですが、今回は早朝に釣りに出てカサゴを調達したり、イサキを僚船に頼んだりしてたので、新鮮なのを食べていただけました。

ワイワイと楽しかったですよ〜。
2014/06/04(水) 05:17 | URL | take #TY.N/4k.[ 編集]
ペリットが大量なので、ヤマネやリスの歯や骨もでてくるかな?モグラの頭骨もありましたよ。
何がでてくるか?

いやー、カサゴの煮魚、刺身最高でした。
2014/06/04(水) 06:00 | URL | 三四郎 #-[ 編集]
モグラもありましたか〜!
ヤマネやリスが出てきたらすごいですね!

これらの骨、ちょくちょく中間発表してください。
2014/06/04(水) 17:26 | URL | take #TY.N/4k.[ 編集]
骨のアップ写真下の下顎骨はモグラのものでしたね。

2014/06/04(水) 17:52 | URL | take #TY.N/4k.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/95-1475a839
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック