湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
このトカゲは「ヒガシニホントカゲ?」or「オカダトカゲ?」


5-2.jpg

tokage-map.jpg


「寝床で鳥を見る」のたにぞうさんのブログにトカゲの話が載っていて、これまでニホントカゲとされていた関東のトカゲが実は別種であり、「ヒガシニホントカゲ」という新種と認定されたとある。

えっ! これまで見てたトカゲはニホントカゲじゃなかったんだ~、と分布図を見ていると、ええっ! 伊豆半島から伊豆七島にかけての狭いエリアにまた別種の「オカダトカゲ」があるとしている。知らなかった〜。

この緑色で囲んだ部分をよく見ると、なに、わが湯河原も含まれているように見えるではないか。しかし、伊豆半島が本州と合体する前の島にいたのがオカダトカゲだそうだから、湯河原は伊豆半島ではないし、しかし、となりの熱海市は伊豆半島だろうし・・・・どこが境界線なのだろ?

ま、動物だから熱海と湯河原の間に線は引けないだろうが、これの同定は見た目ではできないそうで、DNAを調べるか、ある部分のウロコの数を数えるしかないとのこと。
なので、写真のトカゲがどちらか分からないが、少なくともこれまで思っていたニホントカゲではなさそうだ。(そうだ、思い出した。むかし、初島にめずらしいトカゲがいると聞いたことがあるような・・・。)

これ、紹介されていた論文の日付を見ると2012年となっているからごく最近分かったことなのだろう。
http://www.nies.go.jp/biology/research/pu/2012/1208.html

独立行政法人 国立環境研究所
生物・生態系環境研究センタ― 論文紹介
著者 Okamoto, Taku & Hikida, Tsutomu

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/98-770346a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック